ただいま読んでいるのは

小野正嗣の残された者たちです。

最近本は手にするだけになっていましたが、
一度読むという行為をするということで、
ハードルが低くなりました。
また、芥川賞がらみで、、

読むという行為が
隙間時間でもできる、、、、

そう思うと、本がもっと身近に思えます。

音楽を聴いたり、
録画を見たり、
隙間時間にしたいことはたくさんあるのですが、
仕事の休憩時間は読書で決定しそうです。
今のところ。
[PR]

by mikokoro-n | 2015-07-26 18:16 | | Comments(0)  

<< Aimer 純文学の意味はわからないけれど >>